DashePoly.js

破線の設定されたパスの角または開いたパスの両端点を、破線のピッチを調整して実線部分が来る様にします。


破線の設定された、パスの角(アンカーの位置)を、見た目を綺麗(角に線分が来る)に調整します。
辺の長さによって、元の破線線分・間隔設定はバラバラになります。(それで見た目を揃えてます)
破線の種類は、線分1種、間隔が有ればそれも1種の物が対象で、
それ以上の1点鎖線や2点鎖線などは、単純な破線になります。
開いたパスの場合、両端に実線部分が来る様に調整します。
閉じたパスと3ポイント以上の開いたパスの辺は全て直線である必要があります。
2ポイントの開いたパスの場合には、曲線でも処理できます。

使い方:
破線の設定されたパスを選択し実行します。

2ポイントパスを除き、
辺のパスグループと角のパスグループ、元のパスが1つのグループになります。
元のパスは、線情報が解除され塗りのみ残り、グループの最背面に位置します。
処理したパスを変形するとピッチがくるいます。

2ポイントパスは、そのパスを変更します。


ダウンロード DashePoly.zip



このサイトについてのお問い合わせは web-info(a)pictrix.jp PICTRIXまでお願いいたします。
もんく・いちゃもんは、ご勘弁願います。