CopyAnchor.js

選択したアンカーポイント情報を、別のパスの選択したアンカーポイントにコピーします。


2つのパスのアンカーポイントを選択します。

コピー先のパス(赤線)は、コピー元のパス(黒線)より前面にある事です。
下図では、3ポイント・3ポイント選択しています。

それぞれの選択ポイント数は、一致していなくても構いませが、少ない方の数で処理し、余ったポイントは無視されます。
また、選択ポイントは連続している必要はありません。

注意
双方のパスは、開いたパスが対象です。
閉じたパスには対応していません(選択されたアンカーポイントが、どこから始まるか判断が付かないためです)

閉じたパスの場合、そのパスの始点アンカーポイントを跨がなければ(終点-始点-その次-など)成功します。(基準パス・対象パス共)
もし、基準パス・対象パスのアンカーポイントが、始点を跨ぐ様な場合、StartAnchor.js で、
始点を避けるか、始点から始まる様に設定変更する事で、使用できると思います。


スクリプトを実行します。


確認のダイアログが表示されますので、希望通りであれば YES を選択し終了します。


もし、下図の様に、意図しない形状になった場合、パスの方向が合っていませんので、 NO を押します。


選択ポイントの順番を見かけ上反対にて、処理し直します。
この時点では、パスの方向(ポイントの並び順)は変わっていません。

パスの方向を逆転するオプションダイアログが表示されます。


コピー先のパス(赤線)の方向を逆転させて終了する場合、YES を選択し終了します。
始点と終点の位置を逆転させ、ポイントの並び順を変更させます。(見かけは変化有りません)
方向を変えたくない場合には NO を押します。


ダウンロード CopyAnchor.zip



このサイトについてのお問い合わせは web-info(a)pictrix.jp PICTRIXまでお願いいたします。
もんく・いちゃもんは、ご勘弁願います。