Align_Anchor.js

パスの選択したアンカーポイントを座標軸・中心・平均・ベクトルなどに整列させます。

Align_Axis Align_Vec の統合と少々の拡張版です。


アンカーポイントを選択しスクリプトを実行後、整列モードを入力します。
[ 0 ] -X の場合、ブラケット内の数値(半角)か -X(半角で大小文字は任意)の文字を入力します。


使用法

アンカーポイントを選択します。

スクリプトを実行します。
-X は、選択されたアンカーポイントの中で、一番小さなX座標値に整列させます。
+X は、選択されたアンカーポイントの中で、一番大きなX座標値に整列させます。
aX は、選択されたアンカーポイントの、X座標値の平均値に整列させます。
cXは、選択されたアンカーポイントの、X座標値の最小・最大座標の中心に整列させます。
bXは、選択された最背面パスの、最初に見つかったアンカーポイントのX座標値に整列させます。
fXは、選択された最前面パスの、最初に見つかったアンカーポイントのX座標値に整列させます。

__


アンカーポイントを選択します。

スクリプトを実行します。
-Y は、選択されたアンカーポイントの中で、一番小さなY座標値に整列させます。
+Y は、選択されたアンカーポイントの中で、一番大きなY座標値に整列させます。
aY は、選択されたアンカーポイントの、Y座標値の平均値に整列させます。
cYは、選択されたアンカーポイントの、Y座標値の最小・最大座標の中心に整列させます。
bYは、選択された最背面パスの、最初に見つかったアンカーポイントのY座標値に整列させます。
fYは、選択された最前面パスの、最初に見つかったアンカーポイントのY座標値に整列させます。

__


2ポイントを結ぶ直線上へアンカーポイントを移動させます。

動かすアンカーポイントを選択します。
基準にする直線のアンカーポイントを2つ選択します。
基準にするアンカーポイントは、動かすパスより背面のパスです。
基準と動かすアンカーポイントの選択順は任意です。

_

スクリプトを実行します。
vX は、X軸方向へ移動します。
vY は、Y軸方向へ移動します。
vN は、基準になる直線上で一番近い場所へ移動します。

__



このサイトについてのお問い合わせは web-info(a)pictrix.jp PICTRIXまでお願いいたします。
もんく・いちゃもんは、ご勘弁願います。