10.4.11

ID cs3 パス上の文字は

火曜日, 2012/02/07 15:54 pm InDesign, 独り言 9件のコメント

プリントもPDF書き出しも出来ないのか。。。残念。

 

* 2012. 02. 08

上のフォント:DFクラフト遊 W7
下のフォント:小塚ゴシックpro M
共に円弧状のパスにセンター合わせで乗っている

ID レイアウト

PDF 書き出し

Acrobat8 ページの挿入で落ちるpdfファイル

金曜日, 2011/01/07 12:11 pm Illustrator 2件のコメント

に、出っくわした。。。

AI cs3 から PDF 保存した、ある特定のファイルである。

• どーしても続きを見る •

Tags: , , ,

入稿準備画像調整プロジェクト AI バージョン

月曜日, 2009/10/19 18:53 pm Illustrator, Photoshop 8件のコメント

AI でレイアウトしたドキュメントのリンク配置画像を、入稿用?として解像度とサイズを調整するスクリプト群。本当は、一つのスクリプトで賄えれば良いのだけれど、私にはそのスキルはないので、バラバラ。

取り扱う画像形式は PSD, JPG, TIF, EPS です。
処理の流れ
AI AI_ImageCollect3 を起動。指定フォルダにリンク画像がコピーされる。
AI 処理したいリンク画像を選択し AI_AdjustInfo を起動。AI ドキュメントは指定したフォルダに保存され閉じられる。
PS PS_AdjustReSize を起動。シャープネスなどを手動で行い保存する。
AI AI_AdjustReSet を起動。AI ドキュメントが開かれ再配置され保存される。
AI_ImageCollect3(イラストレータスクリプト)
AI ドキュメントにリンク配置されている画像ファイルを、指定したフォルダへコピーし、AI ドキュメントのリンクを更新します。
配置画像名が重複する場合は、ファイル名に連番を付加します。
これは配置画像一つに付き一ファイルとし、後の AdjustReScale の配置情報でリサイズするためです。
ただし、指定フォルダ内に同名のファイルがあった場合、上書きされます。
コピーが終了するとリンクの更新がなされます。
eps 画像ファイルの場合、プレビュー画像が TIFF 以外では飛んでしまうので、AI ドキュメント上では無くなった様に見えます。
コピーされた eps ファイルのみフォトショップで保存し直すか、後の AdjustReSet で回復します。
AI_AdjustInfo(イラストレータスクリプト)
AI ドキュメント上の「選択した」リンク配置画像の変形情報をファイルに書出します。
(デスクトップに Adjust_Info.txt ファイルができます)
選択されていない画像は処理されませんので、特定画像だけを処理することができます。
クリッピングマスクされている配置画像では、マスクサイズ+マージンの大きさが指定されます。
マージンは初期状態で5ポイントです。
これは、PS で処理されるトリミングで有効になります。
AI ドキュメントを保存するフォルダーを指定します。
現在のファイル名で保存処理が行われ AI ドキュメントは閉じられます。
AI_AdjustReSet を起動すると自動的に開かれますので、閉じておく事を勧めます。
PS_AdjustReSize(フォトショップスクリプト)
各画像を配置使用サイズ100%・回転0度などの処理し保存し直します。
UI では、解像度・レイヤー統合・チャンネル削除・トリミング・CMYK 変換・カラープロファイル削除・PSD 形式以外をPSD保存、を設定します。
解像度の指定を行わない場合、各画像の解像度はスケールにより変更されます。
PSD ではレイヤーの統合を行っても透明レイヤーとして扱います。
トリミングは、AdjustInfo で書出されたマスクサイズ+マージンになります。
画像の回転がある場合、PSD 以外では余白が背景色になります。
各画像は保存されますが、開いたままとなっていますので、手動の画像処理を加えたなら再保存します。
AI_AdjustReSet(イラストレータスクリプト)
各画像の変形を解除し再配置します。
AI ドキュメントは自動的に開かれ処理されます。
PSD ファイル形式に変更された配置画像は、該当の PSD ファイルにリンクされ、元の画像ファイルは削除されます。
再配置された後、AI ドキュメントは保存されます。

取り扱う画像形式は PSD, JPG, TIF, EPS のリンク画像です。

処理の流れ

  1. AI で AI_ImageCollect3 を起動。指定フォルダにリンク画像がコピーされる。
  2. AI で 処理したいリンク画像を選択し AI_AdjustInfo を起動。
    AI ドキュメントは指定したフォルダに保存され閉じられる。
  3. PS で PS_AdjustReSize を起動。シャープネスなどを手動で行い保存する。
  4. AI で AI_AdjustReSet を起動。AI ドキュメントが開かれ再配置され保存される。


AI_ImageCollect3(イラストレータスクリプト)

AI ドキュメントにリンク配置されている画像ファイルを、指定したフォルダへコピーし、AI ドキュメントのリンクを更新します。

配置画像名が重複する場合は、ファイル名に連番を付加します。
これは配置画像一つに付き一ファイルとし、後の AdjustReScale の配置情報でリサイズするためです。
ただし、指定フォルダ内に同名のファイルがあった場合、上書きされます。
コピーが終了するとリンクの更新がなされます。
eps 画像ファイルの場合、プレビュー画像が TIFF 以外では飛んでしまうので、AI ドキュメント上では無くなった様に見えます。
コピーされた eps ファイルのみフォトショップで保存し直すか、後の AdjustReSet で回復します。


AI_AdjustInfo(イラストレータスクリプト)

AI ドキュメント上の「選択した」リンク配置画像の変形情報をファイルに書出します。
(デスクトップに Adjust_Info.txt ファイルができます)

選択されていない画像は処理されませんので、特定画像だけを処理することができます。
クリッピングマスクされている配置画像では、マスクサイズ+マージンの大きさが指定されます。
マージンは初期状態で5ポイントです。
これは、PS で処理されるトリミングで有効になります。
AI ドキュメントを保存するフォルダーを指定します。
現在のファイル名で保存処理が行われ AI ドキュメントは閉じられます。
AI_AdjustReSet を起動すると自動的に開かれますので、閉じておく事を勧めます。


PS_AdjustReSize(フォトショップスクリプト)

各画像を配置使用サイズ100%・回転0度などの処理を行い保存し直します。

UI では、解像度・レイヤー統合・チャンネル削除・トリミング・CMYK 変換・カラープロファイル削除・PSD 形式以外をPSD保存、を設定します。
解像度の指定を行わない場合、各画像の解像度はスケールにより変更されます。
PSD ではレイヤーの統合を行っても透明レイヤーとして扱います。
トリミングは、AdjustInfo で書出されたマスクサイズ+マージンになります。
画像の回転がある場合、PSD 以外では余白が背景色になります。
各画像は保存されますが、開いたままとなっていますので、手動の画像処理を加えたなら再保存します。

このスクリプトでは「ominoDialogMaker.jsx」という外部スクリプトファイルを必要とします。
こちらarrow-r にインストールの方法がありますので参照してください。[2010/1/22 追記]


AI_AdjustReSet(イラストレータスクリプト)

各画像の変形を解除し再配置します。

AI ドキュメントは自動的に開かれ処理されます。
PSD ファイル形式に変更された配置画像は、該当の PSD ファイルにリンクされ、元の画像ファイルは削除されます。
再配置された後、AI ドキュメントは保存されます。


bb-dl-script bb-qt

当方では業務に使用し始めていますが、
くれぐれも、オリジナルの素材画像とレイアウトは、残る様に注意してください。
また、レイアウトでシアーされている画像は、正体になってしまいます。

リンク更新異常

日曜日, 2009/10/18 14:23 pm Illustrator, 独り言 コメントは受け付けていません。

AI cs3 ドキュメントにリンク配置されている画像を、PS で開き変更を加えて保存し直す。
AI ドキュメントに戻ると、ダイアログが表示され自動的にリンクの更新を行うことができる。
自動更新をするとだ、複数の画像を変更していた場合、画像位置が入れ替わったり、リンクパレットではファイル名称がだぶっていたり、最悪アプリごと落ちる現象がある。
法則性は? どうなんだろう。。。深く検証する気もない。

複数画像を変更し一気にリンク更新させるには、AI では荷が重たいんだろう、と言う事しか。
必ずこうなるとも限らないから始末が悪い訳で。

リンク画像を複数変更する場合には、、

  1. AI ドキュメントを閉じる
  2. 画像を変更し保存する
  3. AI ドキュメントを開き直す

これが安全かなぁ。。。どうかなぁ。。。

AI ReSize_Obj2.js

月曜日, 2009/05/25 11:55 am Illustrator コメントは受け付けていません。

選択したオブジェクトのサイズを、それぞれ指定したサイズにします。
横幅、たて幅、または双方のサイズを指定します。
テキストフレームでは、そのパスのサイズだけが変更され文字の大きさはそのままです。
クリップされた配置画像は、そのクリッピングパスだけが変更されます。
グループはグループ全体の大きさ変更です。

“ominoDialogMaker.jsx” スクリプトが必要ですので準備をしてくださいarrow-r

bb-dl-script bb-qt

Search

 

Contribution

2017年2月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  

Archive

Please donate 寄付を!